冬の行事

喪中のときお年玉はあげる?ポチ袋や表書きはどう書くの?

投稿日:2017年10月18日 更新日:

お年玉

喪中のときのお年玉ってあげてもいいんだっけ?

お年玉を楽しみにしている姪や甥にお年玉をあげたいけど

なんだか気になる・・・。

喪中のときのお年玉って悩みませんか?

今回は喪中のときのお年玉はどうしたらいいのか、ポチ袋や

表書きをどう書くのかポイントをお伝えします。

スポンサーリンク
  

喪中のときのお年玉はあげる?あげない?

喪中のときはお祝いごとに関することを控えますが、お年玉はどうなんでしょう?
お年玉は子供たちが一番楽しみにしている行事ですし、お年玉がもらえないとしたらとても寂しいでしょうねぇ。子供たちが喜んでくれると思うとうれしいので、お年玉は特別ですからあげたい気持ちが勝りますよね。
 

そもそもお年玉とは、どんな意味があるのでしょうか?諸説ありますが、お年玉の由来を簡単にご説明しますね。

  • お年玉の由来について

昔からお正月には年神様をお招きするために、飾りつけやお供えものをする風習があります。
その中でも年神様は鏡餅を依代(よりしろ)とされていて、鏡餅に宿った魂のことを「年魂(としだま)」と呼んでおり、「一年健康に幸福に過ごせる」と考えられていました。
 
家長が代表して「年魂」を受け取り、家族(子供たち)へ(目上の者から目下のものへ)と分け与えてお雑煮にして食べさせたそうです。これらが「お年玉」のはじまりといわれています。

 
昔はお餅がお年玉だったんですね。子供たちにお餅を分け与えていたのが、時代と共にお金に変わり、「お年玉」の風習へと変わっていったようです。
 
お正月は新年を祝うものなので、お年玉も祝いの要素があるため喪中の場合は控えておくのがよいということになりますが、「お年玉」という名目ではなく、「お小遣い」として渡すのは問題ないとの考えもあるようです。
 
ちなみに私の場合をお話しますと、子どもの頃にお年玉をもらえなかったという記憶がなく、何度か喪中になっているはずなのに、お年玉は毎年もらっていました。
 
その辺を母に確認してみたところ、「子供に喪中なんて関係ない、お年玉はお年玉。まったく別物。喪中にお年玉を控えるなんて聞いたことないわ~」という答えが返ってまいりました。
 
さすがに渡すときは、おめでとうとは言わないとのことでしたが、うちは(親戚含めて)喪中でも「普通にあげる派」ということでした。うちのように喪中でもあげる方針のところもあれば、喪中ではあげないという方針のところもあるので、地域や家庭環境によっても様々な考え方があると思います。
迷われたら、身内の人に確認や相談をされて足並みをそろえていった方がいいでしょう。
 

スポンサーリンク

喪中のお年玉はどんなポチ袋を選ぶ?

さて、喪中だけどお年玉をあげようとなった場合は「お小遣い」としてなら問題ないとのことでしたが、ポチ袋はどんなものを選べばいいのでしょうか?
 
今回はお年玉として渡すわけではないので、「お年玉」と書かれていない無地のポチ袋を準備しましょう。その際は、お祝い事に使われる紅白や金銀などの水引が入ったものは避けるようにしましょう。
 
今は文房具売り場などに行くと、面白いものやかわいいものなど、色々なポチ袋が用意されています。子供に渡すものなので個人的には、無地だと地味かなぁと思いますが、あんまりハデなものじゃなければ多少ワンポイントあってもいいかなと思います。
子供ならキャラクターものでもいいかな?
 

お札はどうしましょう。新札じゃないといけないのでしょうか?お小遣いとしてなので、必ずしも新札じゃないとダメということもないと思います。(破れていたり、汚れているもの、しわくちゃになっていなければ)
 
気持ちの問題もあると思うので新札を用意できれば、越したことはないとは思います。年末が近づくと銀行の窓口も混雑しますし、新札に替えるのは大変ですが、銀行によってはATMで新札に両替できるところもありますので、利用している銀行に確認をしてみてもいいでしょう。
 

喪中のお年玉の表書きはどう書く?

不思議な顔女子

喪中の場合は、「お年玉」以外の書き方として、「お小遣い」「文房具代」「玩具代」などがあります。住んでいる地域にもよりますが、喪中でも「お年玉」と書いたポチ袋で渡したり、特に表書きは変えない場合もあります。

色んな考えや地域の風習などもありますので、もしも改まった場面の場合は、ポチ袋の表書きの書き方を変えて対処しましょう。

渡すときは、「おめでとう」という言葉は使わないように気を付けて下さい。
 

さいごに

喪中の時のお年玉については、「あげる派、あげない派」の考え方があって地域や家庭環境によって様々です。
あげる場合は、ポチ袋や表書きのポイントを押さえて渡して下さいね。子供たちが大人になって今度は渡す側になったとき、きっと有難みがわかることでしょう。^^

スポンサーリンク

-冬の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年越しそば

大晦日に年越しそばを食べる理由は?いつ頃食べるのが正しいの?

スポンサーリンク お正月の準備も終えて、大晦日には年越しそばを頂くと 今年も終わるんだなぁという気持ちになりますね。 毎年恒例の年越しそば、そもそもなぜ大晦日に食べるように なったのでしょうか?年越し …

初詣

初詣に行くのはどんな意味があるの?時期はいつまでか決まりはある?

スポンサーリンク 年が明けると、新年早々初詣に行くのが毎年の恒例行事になって いる人も多いですよね。そもそもどうして初詣にはお参りをする 必要があるのでしょうか? どうして初詣に行くのか、初詣はいった …

お歳暮2

喪中の相手方からお歳暮が届いた! お礼状の書き方や例文などをご紹介

スポンサーリンク 喪中のハガキを頂いていた相手方からお歳暮が届いた場合、 お礼状はどのように書けばいいのでしょうか。喪中ということ もあり、失礼のないようにしなければと考えてしまいますよね。 普段のお …

豆まき

節分にはなぜ豆をまくの?歳の数だけ食べるのはどうして?

スポンサーリンク 2月3日は節分ですね。この日は家族と一緒に豆をまいて鬼退治 をしたり恵方巻きを食べたり、当たり前のように豆まきをしますが、 そもそもなぜ豆をまくのでしょうか? 豆を歳の数だけ食べるの …

感謝の気持ち

義父にバレンタインはあげる?あげない?嫁の立場ならどうする?

スポンサーリンク 結婚をしたあとのバレンタインの予定はどうしますか? 旦那さんのは一応用意するつもりの方や、まだ決めてないという方も いらっしゃるかもしれませんね。 そういえば結婚をしてお嫁さんの立場 …