ハナイロライフ

彩りある生活のための役立つ情報を綴っています♪

生活・暮らし

静電気が起きやすい衣類は組み合わせが大事!除去の方法や対策など♪

投稿日:

冬服の子供
乾燥する時期になると洋服を着替えるたびにパチパチして、

服が体にまとわりついたり、ふいにバチッとくる静電気には

本当に困りますよね。

普段着ている衣類の組み合わせや、静電気の除去方法のこと

をお話しします。

スポンサーリンク
  

静電気が起きやすい衣類の組み合わせ

冬の乾燥した気候になると、「バチッ」とくる静電気。地球上にある物質にはプラスとマイナスの電気で構成されています。通常はプラスとマイナスの電気はバランスを保って安定した状態になっています。

摩擦などの刺激によってプラスとマイナスの電気のバランスが崩れてしまう帯電(たいでん)と呼ばれる状態になって静電気を貯めてしまうのです。

(こちらもどうぞ⇒痛~い!静電気が起きる仕組みや原因は?冬に発生する理由って?

この摩擦による刺激は、夏は薄着で摩擦が起きることが少ないのですが、冬は衣類を重ねて着ていますので、人が動く動作をすることで洋服同士で摩擦がおきて、帯電しやすい状況になります。

衣服を着替るときにパチパチしたり、スカートが足にまとわりついたりするのは、衣類の素材の組み合わせが大きく関係しています。
 
衣類の素材には、「プラスに帯電」するものと「マイナスに帯電」するものがあります。
電気はプラスとマイナスが結合しやすい性質がありますので、「プラスに帯電」するものと「マイナスに帯電」するものは静電気が起きやすくなります。

「プラス」の電気同士や「マイナス」の電気同士の場合は静電気が起きにくいとされています。
 

↑プラスに帯電しやすい素材

 ・ウール
 ・ナイロン  
・絹(シルク)
・レーヨン
 ・木綿  ⇒ 帯電しにくい素材
 ・麻
 ・アセテート
 ・ポリエステル
 ・アクリル

↓マイナスに帯電しやすい素材

 

「木綿」や「麻」が帯電しにくい素材です。これより上に行くほどプラスに帯電しやすい素材になり、下に行くとマイナスに帯電しやすい素材になります。
素材が近いものは静電気が起きにくく、素材が離れているものは静電気が起きやすくなります。

「プラス+プラス」「マイナス+マイナス」の同じ性質の組み合わせは静電気が起きにくいんです。
逆に「プラス+マイナス」の違う性質の組み合わせは静電気が起きやすくなってしまいます。
 
たとえば、フリース(ポリエステル)とマフラー(ウール)の組み合わせは素材が離れた関係になるので、とても静電気が起きやすくなります。

スポンサーリンク

スカートが足にまとわりついて歩きにくくなるのは、スカートの裏地(ポリエステル)とタイツ(ナイロン)の組み合わせが離れた関係ですので静電気が起きやすくなっているからです。
 
肌触りがよくて暖かい合成繊維でできた衣類は、寒い季節にはとても重宝しますが、摩擦による静電気を貯め込みやすくなっています。組み合わせを意識して静電気の発生を予防しましょう。
 

◆静電気を溜めるとどうなるの?

静電気を体に溜めると、静電気がホコリや花粉などを引き寄せてしまうので、アレルギーを持っている人には悪い状況になってしまいます。

ホコリの中にはダニやカビなどもありますし、体やお肌にも負担になってしまうので、できるだけ静電気は溜めないように心掛けたいですね。
 

静電気除去対策は?

 
衣類の組み合わせも大切ですが、少しでも静電気を減らすような予防や除去対策をしておけば安心です。

●静電気防止スプレーを使う

静電気が起きにくい衣類の組み合わせを意識しても、なかなか毎回考えていられないときや、どうしてもこの服の組み合わせじゃないといけないという場合などは、静電気防止スプレーを使うと安心です。

静電気防止スプレーには水分や帯電防止成分が含まれていますので、衣類にシューッと吹きかけておくだけで、付着した水分を伝わって電気が逃げていくため、静電気の発生を抑えてくれます。ホコリや花粉などの付着や汚れなども予防してくれますし、ひとつ準備しておくと急な時にも便利に使えますね。
 

●お肌(体)の保湿をする

・お風呂上りにボディクリームを塗る
・外出の際はハンドクリームを塗る

お風呂上りにボディクリームを塗るのは、単に乾燥肌を潤すだけじゃないんです。肌と衣類の摩擦を少なくして静電気が起こるのを防ぐ役割もあります。ハンドクリームは手や指の水分が潤うのでふいにバチッとくるのを防いでくれます。

私はハンドクリームをこまめに塗るようにしてから、突然くる「バチッ」がずいぶん減りました。安心のため外出の際は必ず持ち歩くようにしてます。
 

●金属のものに触れる前に違う物に触れる

ドアノブや車のドアなどに触れる前に、コンクリート、地面、壁、木などに触れてゆっくり電気を逃がしてあげると「バチッ」となることが軽減されます。

私はこのほかに別の方法で、指の第二関節部分でドアをノックするようにコンコンッとすると、「バチッ」となってもほぼ痛みを感じないのでこの方法で電気を放電しています。ハンドクリームを塗っておくとなお安心です。
 

●水分補給や加湿を行う

冬は夏ほど水分を摂る機会が減ってしまうので、意識的にこまめな水分補給を心掛けましょう。冷えたお水より常温のお水や白湯の方が内臓などに負担をかけずにすみますよ。

冬はただでさえ乾燥しているのでお肌もカサカサになってしまいます。お部屋の加湿も行うと静電気の発生を予防します。湿度は50~60%くらいが目安です。
 

あとがき

静電気が「バチッ」となるのって、怖いですよね。痛いうえにホコリや花粉を引き寄せてしまうこともあるなんて何もいいことがないですね。自然に溜まるのは仕方がないですが、余分な静電気を溜めこんでしまわないように日々できることを心掛けたいですね。

スポンサーリンク

-生活・暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴキブリ

冬にゴキブリはどこにいて何をしてるの?寒い時期にできる対策は?

スポンサーリンク ギラギラ黒光りして見るのも嫌なゴキブリ!突然遭遇すると恐怖ですよね。 けれど寒い時期になると夏の時期ほどゴキブリを見かけなくなりますが、 いったい冬の時期にはどこにいて、何をしている …

押し花

クローバーの押し花が簡単にできる作り方や色々な保存方法!

スポンサーリンク 偶然見つけた四つ葉のクローバーや五つ葉クローバーなどの めずらしいクローバーたち。幸せの象徴ともいえるクローバー なので、ちゃんと保存しておきたいですよね。 そこで今回はお家にあるも …

ビンに入ったハチミツ

はちみつが白く固まった!固まる原因と結晶化を溶かす方法とは?

とろ~り おいしい はちみつ。 スポンサーリンク でも気づいたらあれれ?はちみつが白くなって固まってる! 使おうと思ったときに、固まってるとショックですよね。 スプーンでガリガリするのも、底の方は取れ …

ビンに入ったジャム2

保存ビンの正しい煮沸消毒の方法や手順、注意する点などは?

スポンサーリンク 季節の果物などで手作りジャムなどを作った時に活躍する保存ビン。 長期保存をする際は、保存ビンの煮沸消毒を行った方がいいと聞いたことはありませんか? でも意外とその方法がわからないこと …

定年退職

定年退職の祝いにプレゼントを父に♪ お祝いメッセージ例文も!

長い間家族のために一生懸命お仕事をしてきたお父さん。 スポンサーリンク 色んな苦労もあったことでしょう。そんなお父さんが定年退職を 迎えるときは、ありがとうの気持ちを込めて何かプレゼントを贈って あげ …