生活・暮らし お掃除

くしに付着する汚れの原因は?ヘアブラシの掃除は重曹でスッキリ♪

投稿日:

重曹お掃除
 

毎日使っているヘアブラシ、気が付いたときは結構汚れていてビックリしますよね。髪の毛を解いてブラッシングしているだけなのに、ほこりや白っぽい汚れなど、どうして汚れが付着してしまうのでしょうか?

しかも取ろうとするとうまく取り除けないことも多いですよね。今回はその理由やヘアブラシのお掃除に重曹を使って洗浄してみた感想などをお伝えしたいと思います。
 

スポンサーリンク

くしに汚れが付着する原因はなんだろう?

 
毎日使っているヘアブラシは、美しい髪の毛や頭皮のためには欠かせないアイテムですよね。髪の毛ばかりに注目しているとある日ふと気が付くヘアブラシの汚れ。

「うわ、なんかすごい汚れてる・・・」

ヘアブラシも掃除をしないといつの間にか汚れがたまってしまいます。見てしまった以上はそのまま放っておくのも気持ち悪いですし、清潔に使えませんよね。
 

そもそもヘアブラシの汚れの原因は、「皮脂」や「整髪料やスタイリング剤」ブラッシングの際に髪に付いている「ほこり」などが考えられますよ。皮脂の汚れは「臭い」も気になりますね。

ヘアブラシのほこりは、静電気でも引き寄せられてくっついてしまうのでやっかいです。
 
汚れがこびりついたり、ほこりが詰まったブラシはお掃除にも時間がかかってしまいますね。こまめに汚れを取り除いておくのが、綺麗な頭皮と髪のためには必要不可欠ですよ。
 

ヘアブラシの掃除に重曹を使ってみた♪

 
重曹
 
前からヘアブラシが汚れてきたなぁと思っていたので、そろそろ洗ってみようと思い立ちました。私が使っているブラシはプラスチック製なのでお水で浸け置きもOKなのですが、もしも動物の毛で作られたブラシの場合は、浸け置きは控えた方がいいようです。

ヘアブラシがお水で洗うことができる素材かどうか確認をしてみてくださいね。
 

お料理やお掃除にも使える万能アイテムの重曹を使えば簡単に洗浄できますよ。重曹は弱アルカリ性なので「酸性のあぶら汚れ」や「手アカ」などに効果的です。
 
酸性の汚れを中和させて水溶性となることで簡単に汚れを拭き取ることができるようになりますよ。皮脂汚れのあるヘアブラシのお手入れにピッタリですね。
 

どんな重曹を選べばいいの?
どの重曹でもOKなのですが、重曹には純度がありますので、用途によって使い分けるといいですね。純度が高いものは「食用や薬用」に向いています。「お掃除」に使うなら容量がたくさん入っている安いもので十分ですよ。
 
私は近所のドラッグストアで600gで200円くらいのものを買いました。お掃除用品が置いてあるコーナーなどにありますし、100均でも安く購入することができます。
 

重曹お掃除グッズ

スポンサーリンク

<準備するもの>
・洗面器などの容器
・計量カップ
・計量スプーン
・ぬるま湯 1L(ブラシが浸かるくらい)
・重曹 大さじ3杯
・使い古しの歯ブラシ
・タオルなど
 

皮脂汚れやほこりが目立ってきました。汚い・・・。
ヘアブラシ汚れ
 

洗面器などの容器にぬるま湯を入れて、重曹を大さじ3杯入れます。ブラシで混ぜてそのまま浸け置きします。数時間から一晩ほど浸けておきましょう。(ブラシの髪の毛やほこりなどは事前に取れるだけ取っておきます)
ブラシ攪拌

 

途中6時間ほどたってからブラシの様子を確認したところ、お水に皮脂汚れが浮いてきてました。ブラシの汚れを指で触ってみると、スルッと溶けてる感じです。
 

水の中でブラシを振り洗いしてから、溶け切ってない汚れを古い歯ブラシで落としておきました。もしかしたら一晩浸けて置いたら溶けていたのかも。
ブラシ汚れ残り

 

ブラシがぬるぬるしているので、ぬめりを洗い流しますよ。
ブラシ洗う
 

タオルで水分をしっかり拭いて、自然乾燥させたら完了です!
タオル乾燥

 

重曹に浸けておくだけで汚れが溶け出してくるので、そこまで面倒な手間は感じませんでした。しっかり乾くまでの間、予備のブラシがあるといいですね。
 

洗い終わった後は、新品のようにピカピカで清潔感いっぱいです。ただ、私の使ってるブラシは、先に丸い玉?が付いているため、ほこりが引っかかってしまい全部は綺麗に取れませんでした・・・。
 

もうちょっとスルッと取れるかなと思ったんですけど、デザインにもよるみたいですね。丸い玉が付いていない普通のブラシなら、すんなりほこりも取れていたと思います。
 

重曹の浸け置き洗いで、皮脂汚れや手あかがスッキリ取れました。ブラシを持った感じがいつもと全然違います。汚れが取れると気持ちがいいもんですね。ぜひお試しくださいませ~。
 

<関連記事>
ヘアブラシの簡単な洗い方!日々のお手入れの方法や洗う頻度は?
 

まとめ

 
皮脂汚れやほこり、髪の毛がぎっしり詰まった汚いヘアブラシでは、せっかくのお手入れも台無しになってしまいますね。清潔な頭皮や健やかな髪の毛のためにも、定期的に汚れを取り除く習慣が大切です。

こまめなお手入れなら汚れも付きにくいですし、落としやすいですね。プラスチックのヘアブラシをお持ちなら、重曹で浸けておくだけの簡単お手入れができますよ。^^

スポンサーリンク

-生活・暮らし, お掃除
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴキブリ

冬にゴキブリはどこにいて何をしてるの?寒い時期にできる対策は?

スポンサーリンク ギラギラ黒光りして見るのも嫌なゴキブリ!突然遭遇すると恐怖ですよね。 けれど寒い時期になると夏の時期ほどゴキブリを見かけなくなりますが、 いったい冬の時期にはどこにいて、何をしている …

風邪

一人暮らしで病気になったらどうする?備えておくといいものは?

スポンサーリンク 初めての一人暮らしは何かと不安なものですが、中でも心配なのが 風邪などの病気になったときですよね。一人でなんとかしないと いけないのが辛いところです。今回は、そんな一人暮らしで病気に …

おやつ

甘酒を飲む以外でもおいしく活用 おうちでデザートを簡単手作り♪

スポンサーリンク 美容と健康にもいいと言われている発酵食品の甘酒ですが、飲んでいるばかりだと 何か他に使えないだろうかと思う事はありませんか? 自分で甘酒を作った場合でも、意外と余らせてしまい使い道に …

台風停電

台風で停電になる前に準備しておくと安心なもの!暑さ対策も!

  スポンサーリンク 台風がやってくると暴風で停電になってしまうこともありますね。 それが夜の場合だったら一大事!灯りがない暗闇は、非常に 不安で心細くなってしまいます。 停電になってしまう …

ドアノブ

静電気体質を改善するには?予防する食べ物や生活習慣のポイントは?

  スポンサーリンク 冬場の特に乾燥する季節に多くなる「静電気」ですが、実は季節に関係なく夏にも起こることで悩んでいる人も多いです。不意に「バチッ」とくる静電気は、いつどこで発生するか分から …