生活・暮らし

さつまいもを保存してたら芽が出た!食べても大丈夫?鑑賞もアリ?

投稿日:2018年8月29日 更新日:

さつまいも芽と葉
 

さつまいもをたくさん買ったり、もらったりしたときは

食べきれないことってよくありますよね。でもうっかり

放置していると、さつまいもから芽が出ていた!

なんてことも。いったいこの芽は食べても大丈夫なのか、

発芽してしまった芽はどうすればいいのかまとめました♪
 

スポンサーリンク

さつまいもを保存していたら放置しすぎて芽が出た!

 
さつまいもをたくさんもらったり、買ってはみたものの長いこと放置してしまうと、気が付いたら芽が出てしまっていた!なんてことがありますよね。
 
さつまいもって毎日たくさん食べるわけでもないし、保存している間についうっかり存在を忘れてしまう場合もあったりして、いざさつまいもを使う状況になってみて初めて「芽が出てる」ことに気が付くことも多いですね。
 
さつまいもはもともと熱帯地方の植物なので、だいたい気温が18℃~20℃近くになると、発芽したり傷みやすいと言われています。なのでさつまいもを保存する場合は、室内の温度が一定に保たれるような冷暗所がよいとされていますね。

さつまいもの保存方法についてはこちらをどうぞ。
 
収穫されたさつまいは呼吸していますので、さつまいもを保存する場所や状況によっては、芽が出たりすっかり茎が伸びて葉っぱが成長してしまったりという姿になってしまうんですね。
 

さつまいもの芽は食べても大丈夫?

 
そんな芽の出てしまったさつまいもは、普段と同じように食べても大丈夫なのでしょうか?それともジャガイモの芽のように取った方がいいのでしょうか?芽が出てしまうともう食べない方がいいのでは・・・と思ってしまいますよね。
 
さつまいもの芽は「食べても大丈夫」です。
 
さつまいもとジャガイモは同じ芋のように思えますが、種類が違います。ジャガイモの芽には「ソラニン」という毒素が含まれているので、調理の際には必ず取り除くようにと言われていますよね。

スポンサーリンク

芽が出てしまったジャカイモは注意しないといけませんが、さつまいもの芽には毒素は含まれていないので、食べても大丈夫なんです。もちろん芽だけじゃなくて茎や葉っぱも煮物や炒め物、煮びたしなどにしておいしく食べられますよ。
 
ただ、あんまり茎や葉っぱが茂ったまま放置してしまうと、肝心のさつまいもの養分が葉っぱの方に使われてしまうので、甘味が感じられなくなったりしわしわでおいしく食べられる状態でなくなったりしまうことも!

できるだけおいしく食べられるうちに食べてしまった方がいいですよ~。
 

さつまいもの芽は鑑賞用にするのもアリ?

 
さつまいもから生えている葉っぱを見ているとなんだか可愛いく思えてきますね。芽が伸びてしまった茎や葉っぱは食べないからと捨ててしまうのもかわいそうな気がしてきます。
 
葉っぱの生えている部分をさつまいもごと適当な大きさで切って、水に浸けておくだけの水栽培なら手軽に観葉植物として楽しむことができますよ。窓辺や日当たりのいい場所に置いておくだけですくすくと成長します。
 
さつまいもを浸しておく容器もおしゃれなものを選べば、お部屋のかわいいインテリアにもなりますね。
 

さつまいもの葉っぱなのに、まるで観葉植物のような癒しを与えてもらえますし、毎日見ていると愛着もわいて可愛く感じてしまうものですよね。
 

さつまいも観葉
 

こちらは現在私が観葉植物として育てているさつまいもの葉っぱちゃんです。何気に水に浸けておいたら、どんどん芽が伸びてきたのでそのまま育ててみることにしました。
 

ただ、寒さが苦手らしいので、気温が低くなると環境によっては育てるのが難しくなる模様。できるだけ温かい場所に置いてあげるといいようです。
 
さつまいもの植え付け時期は5月~6月頃の梅雨入り前らしいので、今土に植えてもダメみたいですね。来年まで無事に冬を乗り越えられるといいのですが・・・。
さつまいもの葉っぱちゃんが枯れてしまわないように注意深く育ててみたいと思います。(*‘∀‘)
 

<関連記事>
↓↓
さつまいもの上手な保存方法や半分に切った場合の保管はどうする?
 

あとがき

 
さつまいもから芽が出ていたり、茎が伸びて葉っぱが茂ってしまったら「もう食べられないの?」と思ってしまいますね。さつまいもには毒素は含まれていないので十分食べることができますよ。

でもあんまり葉っぱが育ちすぎると、さつまいも自体の味が落ちておいしく食べられなくなってしまうかもしれませんので、できるだけ早めに食べるようにしましょう。

不要になった茎や葉っぱの部分は水栽培で観葉植物にもなりますので、意外とかわいい姿を見ることもできますよ。^^

スポンサーリンク

-生活・暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

洗濯機正面

パナソニックの洗濯槽クリーナーを使ってみた!槽洗浄の効果は?

  洗濯物に茶色いゴミのようなものが付き出すと洗濯槽の裏側の 汚れが剥がれてきている証拠です。でも洗濯槽の汚れを綺麗に スポンサーリンク するのはなかなか大変ですよね。そこで今回はパナソニッ …

柿の実

干し柿に含まれている栄養成分ってどんなの?期待できる効能とは?

干すことで旨みや甘味、栄養もグンとアップする干し柿。 干し柿が吊るされている風景は冬の風物詩ですよね。 スポンサーリンク 昔から食べられてきた干し柿には、どのような栄養が 含まれているのでしょうか。 …

雹

雹(ひょう)が降る仕組とは?発生しやすい時期や対策などは?

めったに遭遇することがない雹(ひょう)。 寒くない時期に突然空から氷の粒が降ってきたら、驚きますよね。 いったいどういう仕組みで発生するのでしょうか? スポンサーリンク 雹(ひょう)の発生しやすい時期 …

子供静電気

子供の静電気は髪の毛が大変なことに!対策や抑える方法は?

  スポンサーリンク 静電気って急にバチッとなって怖いですよね。子供の髪の毛は何故か静電気が起こりやすくて顔に張り付いたり、まとまらなくて大変なことになりがちです。 今回はそんなやっかいで迷 …

アロマオイル

ゴキブリ対策にはアロマが効く?効果的なオイルの種類や使い方は?

暖かくなってくるとゴキブリの動きも活発になってくるので 突然ゴキブリに遭遇してしまう可能性がありますよね。 けれどできるなら殺虫剤を使いたくない場合はどうしたら スポンサーリンク いいのでしょうか。そ …