生活・暮らし

洗濯槽のカビが次から次へときりがない!おすすめな除去方法と予防は?

投稿日:2018年4月12日 更新日:

困った女性

洗濯槽のお掃除をしたものの、すすいでもすすいでも減らないワカメのような黒カビ。

何回やっても出てきてきりがない!脱水のたびに洗濯槽の内側に張り付くし、このまま

洗濯するのも気持ち悪い。いったいどうしたらいいのか途方に暮れてしまいますよね。

今回はこのワカメのような黒カビを除去する方法と、カビを寄せ付けない予防方法について

私の体験も交えながらご紹介していきたいと思います。
 

スポンサーリンク

洗濯槽のカビが次から次へときりがない!おすすめな除去方法とは?

洗濯を干していてふと洗濯物に付いている茶色い汚れを見つけることありますよね。一瞬ゴミ?と思っても結構タオルとかあちこちに付いていたりして、気持ち悪いし取るのも大変です。
 
洗濯槽の裏側に付着したカビが剥がれ出して、洗濯する際に一緒にくっついてしまうんですね。ただの汚れならまだしも、ご存知のようにそれは健康にも害のある「黒カビ」です。

洗濯物がカビと一緒に洗われて、衣類にもカビや菌が付着するなんて怖いですし、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭ならなおさらですよね。
 
そこで洗濯槽のお掃除をやってみるわけですが、このカビがやっかいで本当にしつこい!
 

洗濯槽クリーナーで浸け置きをすると、洗濯槽内に浮かび上がるワカメのような黒カビ。通称「ピロピロわかめ」と呼ばれるこの黒カビを見て、汚れがこんなに取れてる!と喜んだのもつかの間、本当の闘いはここから始まりました・・・。
 

この「ピロピロわかめ」どんなに洗濯槽を洗ってすすいでも、全然取れない!脱水のたびに洗濯槽の内側に貼り付いて、どうやってもきれいにならないんです!
 

洗濯槽クリーナーの種類を変えたり、百円ショップでお風呂のゴミをすくうお風呂ネットを買ってきて「ピロピロわかめ」をすくってみたり、できることは試しましたがどれもダメでした。

何度も洗濯槽を洗うのは手間ですし、水を大量に使うのも気になるところ。洗濯機を買い替えてしまいたいけど、そんな余裕もないし業者に綺麗にしてもらうのも1万円ほどかかる模様。
 
途方に暮れていたときにたどり着いたのが、

「メーカー純正の洗濯槽クリーナー」でした。
 

塩素系洗剤
 
この「メーカー純正の洗濯槽クリーナー」は市販のものより洗浄力が高く強力な効果を発揮するとのことで、1本2,000円ほどするのですが、わらにもすがる思いで家電量販店へ直行しました。「ピロピロわかめ」のせいで洗濯ができなくなったら一大事です。
 

スポンサーリンク

初めは高いな~と思ったのですが、なんと効果てきめんでした。あの「ピロピロわかめ」がまったくいない!あんなに何度もすすぎを繰り返していたのに、一回浸け置きしただけでスッキリきれいに清潔な洗濯機に生まれ変わりました。
 
この洗濯槽クリーナーは「塩素系」で、カビを溶かす洗浄力がありますので、「ピロピロわかめ」がきれいに分解されていなくなったようです。いつも私が使っていたのは200円~300円ぐらいの洗濯槽クリーナーで「酸素系」のものでした。
 
酸素系は、カビを洗濯槽から剥すまでは良かったのですが、それ以上の洗浄力が足りなかったようです。だから中途半端にカビが剥がれていつまでも出続けていたんですね。
 
今回の「メーカー純正の洗濯槽クリーナー」のおかげで、「ピロピロわかめ地獄」から無事生還できました。一度洗濯槽をきれいにしてから、普段は市販の洗濯槽クリーナーを使って毎月1回は洗濯槽をきれいにしていけばいいですね。
 

ちなみに私の洗濯機はシャープの縦型のものなのですが、「メーカー純正の洗濯槽クリーナー」はパナソニックのものです。洗濯機と洗濯槽クリーナーのメーカーが違っても中身は同じなのでどのメーカーのものでも使えますよ。

槽洗浄コースで11時間浸け置きして、その後普段どおりの洗濯をして(洗濯物は入れないで)完了です。(塩素系洗剤は漂白剤の臭いが強いので換気は十分に。)
 

何度も洗濯槽を洗うのは面倒ですし、非常に手間がかかります。いつまでもわかめのようなカビに悩まされているなら、一度「メーカー純正の洗濯槽クリーナー」を試してみてはいかがでしょうか?

一度でスッキリしますので、案外私のように早く悩みが解決するかもしれませんよ。
 
 

洗濯槽のカビを日頃から予防するには?

 
洗濯干し

洗濯槽に黒カビが生える原因となっているのが、洗濯したときに「溶け残った石鹸」や「洗剤の残り」「湿気」や「水分」などがあります。洗剤の量は洗濯物の量に適していないと溶け残ったりしてカビのエサになってしまうこともあるようですね。
 

私がカビ対策として気を付けている事は、
 
・洗濯をしたあとは洗濯物を早く取り出す
・洗濯をしたあとの洗濯機の蓋は開けておく
・すぐ洗濯しないなら洗濯機の中に洗濯物を入れておかない

 
など、洗濯機にできるだけ湿気を溜めないように注意しています。

洗濯が終わったあとはできるだけ早く取り出したり、洗濯機の蓋は閉めないように、洗濯機を洗濯かご代わりにしないようにして通気性を良くするようにしています。
 
実は今までは脱いだ服をポイポイと洗濯機に放り込んで、しかも蓋もしっかり閉めていたので、最悪な環境だったようです。(゚Д゚;)
これじゃ湿気がこもってカビの繁殖に繋がってしまいますよね。
 

他にしていることと言えば、洗濯が終わった後に「槽乾燥」をして水気を取り除いたりしてます。洗濯機の説明書には週に一度を目安に「槽乾燥」をしてくださいと書かれていましたよ。

メーカーによっては「槽乾燥」ではないかも知れませんが、同じ機能はあると思うので、ご自分の洗濯機や説明書で確認してみてください。

梅雨時など湿気が高い時期はカビが生えやすくなりますし、洗濯機の湿気対策も大切になってきますね。
 
 

おわりに

ピロピロわかめが出てくると、洗濯槽がカビで汚れてきている証拠です。メーカー純正の洗濯槽クリーナーを使うなどして、一旦わかめのようなカビをきれいにしてから、月に1度は市販のクリーナーで槽洗浄をして、きれいになった洗濯機で安心して洗濯をしたいですね。

黒カビが生えるとあとが大変ですから、日頃からピロピロわかめを増やさないように対策を心掛けましょう。^^

スポンサーリンク

-生活・暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

押し花

クローバーの押し花が簡単にできる作り方や色々な保存方法!

スポンサーリンク 偶然見つけた四つ葉のクローバーや五つ葉クローバーなどの めずらしいクローバーたち。幸せの象徴ともいえるクローバー なので、ちゃんと保存しておきたいですよね。 そこで今回はお家にあるも …

お礼

大学入学祝いを頂いたら本人がお礼状を。書き方のコツや例文も♪

大学入学おめでとうございます。 スポンサーリンク この春からはいよいよ大学生活が始まりますね。 祖父母や親戚などからお祝いを頂いたなら、本人から感謝の気持ちをお礼状 にして出す方がいいですね。でもいざ …

甘酒4種

美味しい甘酒をスーパーで購入♪米麹で作ったおすすめなものはコレ!

美容や健康に注目されている「甘酒」はスーパーでもたくさんの種類が スポンサーリンク 売られていて、どれを選んでいいのか迷ってしまいますね。 「甘酒」はサラサラタイプのもの、つぶつぶタイプのものがありま …

静電気

痛~い!静電気が起きる仕組みや原因は?冬に発生する理由って?

バチッ!!ふいに静電気が起きると痛くてビックリしますよね。 スポンサーリンク 車に乗る時、ドアノブに手をかけた時や着替えの際など、 日常の生活が怖い瞬間になって、ビクビクしてしまいますね。 そんな痛く …

セーター

服に毛玉ができる原因!できにくくする方法や取り方はどうやって?

スポンサーリンク お気に入りのセーターも気が付けば毛玉が・・・。いつの間にか できている毛玉や毛羽立ち。なんだか着るのも残念な気分になりますね。 この厄介な毛玉、いったいどうしてできてしまうのでしょう …