ハナイロライフ

彩りある生活のための役立つ情報を綴っています♪

生活・暮らし

ゴキブリ対策にはアロマが効く?効果的なオイルの種類や使い方は?

投稿日:2018年1月22日 更新日:

アロマオイル

暖かくなってくるとゴキブリの動きも活発になってくるので

突然ゴキブリに遭遇してしまう可能性がありますよね。

けれどできるなら殺虫剤を使いたくない場合はどうしたら

いいのでしょうか。そういうときに役立つのが、天然のアロマ

オイルを使ったゴキブリ対策です。

今回はそんなゴキブリ対策にはどんなアロマを選べばいいのか、

使い方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

ゴキブリ対策にアロマオイルが効く?

どこから侵入してくるのか、気付けばおうちの中で共存生活をしているかもしれないゴキブリ。本当に気持ち悪いですよね~。

ゴキブリ対策には侵入口と思われる箇所を塞いだり、置き型の毒エサを置いたりバルサンのような霧型の燻煙剤で部屋に潜んでいるであろうゴキブリを退治してしまうのがいいのかもしれませんが、なんとなく殺虫剤は使いたくないものです。
 
けれどそうはいっても、ゴキブリによってはサルモネラ菌や大腸菌、ウィルスなどを運んでくることがあるようなので、なんとかゴキブリを近づかせないように対策はしたいですよね。
 
そこでアロマオイルの登場です。アロマオイル(精油)の種類にもよりますが、ゴキブリの嫌いな臭いがする精油があり、忌避効果もあります。

ゴキブリの嫌いな臭いをシュッシュッと吹いておくことで、ゴキブリ自らが近づけないようにすることができればいいですよね。
 

ゴキブリ対策に期待できるアロマの種類や効果とは?

色々種類があるアロマオイル(精油)ですが、いったいゴキブリ対策に効くのはどの精油なのでしょうか?

効果があると言われているのは、

「ベチバー」「クローブ」「シナモン」「ハッカ」「スペアミント」「ユーカリ」「レモングラス」「ローズマリー」などです。

絶対にゴキブリを寄せ付けたくないなら、この中では「ベチバー」が一番ゴキブリ忌避効果があるようですので試してみる価値はありそうですね。どんな香りかというと・・・「重~い大地の香り」といいますか、なんと表現したらいいのかフレッシュな感じではありません。

私はあんまり得意じゃないけど、でもこの香りだったら害虫も嫌だろうなぁと思います。実際ベチバー精油には防虫効果もあるようですよ。
 

スポンサーリンク

そして、大切なのはアロマオイルを選ぶときなのですが、「植物の成分を凝縮して作られた天然植物精油でできているもの」を選ぶようにしましょう。

100円ショップや雑貨屋さんなどで安価で売られているものは、人工的に作られた合成香料でできていたり、合成香料と精油成分が混ざったものが扱われたりするので注意しましょう。

合成成分のものでは、ゴキブリ忌避効果はありませんので100%天然成分でできた精油を選ぶようにして下さいね。
 

ゴキブリ対策のアロマの具体的な使い方は?

ボトル

では、ゴキブリの嫌いなアロマオイル(精油)はどのように使えばいいのでしょうか?

コットンやティッシュに精油を数滴垂らして、ゴキブリの通りそうなところや食器棚や靴箱などに置いておく方法や(精油が乾いたらまた垂らす必要があります。)アロマディフューザーやアロマポットなどで精油の香りを部屋中に漂わせる方法もあります。
 
「ゴキブリ撃退アロマスプレー」を手作りすることもできますし、こちらは気付いたときにすぐピンポイントでゴキブリの通り道などにスプレーすることができるので便利だと思いますよ。網戸や玄関、シンク下などにもすぐ使えます。
 

●ゴキブリ撃退アロマスプレーの作り方

<材料>
・精製水又は水  90ml
・無水エタノール 10ml
・お好みの精油 5~10滴
・スプレー容器

スプレー容器に精油と無水エタノール、精製水(今回は肌に直接付けないので水道水でもOKです)を混ぜ合わせたら完成です。簡単ですね。

作業中は精油などが直接肌に付くこともありますので、肌の弱い方はゴム手袋をする方が安心です。ゴキブリの嫌いなアロマオイル(精油)はお好みでブレンドしてもいいですね。なお、精油は精製水(水)では混ざりにくいため、精油と無水エタノールで希釈してから精製水(水)と混ぜ合わせるといいでしょう。
 

おわりに

天然のアロマオイル(精油)にはゴキブリの忌避効果に役立つものがあるんですね。これらの精油を使ってゴキブリには近づかないようにしてもらいましょう。
ただ、犬や猫のペットがいる場合はアロマオイル(精油)の種類によっては、刺激の強いものなどダメなものもあるようですので、使用する際は気を付けてあげた方がいいかも知れませんね。

スポンサーリンク

-生活・暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お礼

大学入学祝いを頂いたら本人がお礼状を。書き方のコツや例文も♪

大学入学おめでとうございます。 スポンサーリンク この春からはいよいよ大学生活が始まりますね。 祖父母や親戚などからお祝いを頂いたなら、本人から感謝の気持ちをお礼状 にして出す方がいいですね。でもいざ …

押し花

クローバーの押し花が簡単にできる作り方や色々な保存方法!

スポンサーリンク 偶然見つけた四つ葉のクローバーや五つ葉クローバーなどの めずらしいクローバーたち。幸せの象徴ともいえるクローバー なので、ちゃんと保存しておきたいですよね。 そこで今回はお家にあるも …

柿の実

干し柿に含まれている栄養成分ってどんなの?期待できる効能とは?

スポンサーリンク 干すことで旨みや甘味、栄養もグンとアップする干し柿。 干し柿が吊るされている風景は冬の風物詩ですよね。 昔から食べられてきた干し柿には、どのような栄養が 含まれているのでしょうか。 …

冬服の子供

静電気が起きやすい衣類は組み合わせが大事!除去の方法や対策など♪

乾燥する時期になると洋服を着替えるたびにパチパチして、 スポンサーリンク 服が体にまとわりついたり、ふいにバチッとくる静電気には 本当に困りますよね。 普段着ている衣類の組み合わせや、静電気の除去方法 …

お弁当

梅雨時期のお弁当作りの注意点は?傷みやすいおかずや前日に作った場合は?

スポンサーリンク 梅雨や夏場のお弁当作りで心配なのはやっぱり食中毒ですね。お弁当を作るのも どんなおかずを作ればいいの?と気を使ってしまう時期でもあります。 作る側も少しでも安全に食べて欲しいですから …