生活・暮らし

服に毛玉ができる原因!できにくくする方法や取り方はどうやって?

投稿日:2017年11月30日 更新日:

セーター

お気に入りのセーターも気が付けば毛玉が・・・。いつの間にか

できている毛玉や毛羽立ち。なんだか着るのも残念な気分になりますね。

この厄介な毛玉、いったいどうしてできてしまうのでしょうか?

今回は毛玉のできる原因や毛玉ができにくくなる方法、

できてしまった毛玉の取り方についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

服に毛玉ができる原因は?

お気に入りのニット類のお洋服に毛玉ができていたらショックですよね。取るのも大変だし毛玉の処理のことを考えると着るのも嫌になってしまいがちですが、そもそも「毛玉」ってどうやって発生するのでしょうか?
 

毛玉が発生する原因
毛玉は、衣類を着たり洗濯をしたりすることで衣類の繊維同士がこすれ合うことで起きる「摩擦」が原因で発生します。
まず、こすれることで衣類の繊維の先の方が毛羽立って、さらに摩擦で毛羽立ちが絡み合って「毛玉」へと成長してしまうのです。
 
服を着ているだけで、普通に腕を動かしたり歩いたり、洗濯をするだけでも摩擦は起こっているんですよ。こういう普通の動作でも毛玉になるきっかけになっているんですね。
けど摩擦無しで過ごすなんて難しすぎます・・。(゚∀゚)
 
その他にもリュックや肩にかけるショルダーバックなどのカバンも、こすれる部分が毛羽立ったり毛玉になりやすいです。衣類との摩擦が起こっている肩や腰などの部分がどうしても毛玉になってしまいがち。
 

毛玉ができやすい素材
そして注意したいのが素材です。
 
「毛(ウール)」や「カシミヤ」、「アンゴラ」といった動物繊維は、繊維の強度が低く毛玉ができにくい素材です。できたとしても、衣類の表面から摩擦などで自然に脱落するのに対して、

「ポリエステル」「アクリル」といった合成繊維は、繊維の強度が強く毛玉ができやすい素材です。衣類の表面にしっかり絡み合って、自然に脱落するしにくいことから、一度できたらずっと衣類に付いたままということに。なかなか取りにくいという特徴もあります。
 
「ポリエステル+綿」や「アクリル+毛(ウール)」などの組み合わせによる混紡糸も毛玉ができやすい素材ですので注意しましょう。
 

毛玉が一度付いてしまうと、毎回取るのは面倒ですし風合いも損ないますので、できるだけ作らないように予防することが大切ですね。
 

スポンサーリンク

毛玉をできにくくする方法は?

普段のお手入れで毛玉ができにくくする方法にはどんなものがあるのでしょうか?

・洗濯時には洗濯ネットを使用する
できれば手洗いがおすすめですが、洗濯機を使用するときは衣類を裏返して柔らかめの洗濯ネットに入れて洗いましょう。洗濯ネットは洗濯物に合ったサイズのものを使って、他の洗濯物は入れない方が摩擦が起きにくいです。「おしゃれ着洗いコース」や「ドライコース」などの手洗いコースで洗いましょう。
 

・柔軟剤を使用する
衣類の表面を滑らかにする成分が配合されていて、摩擦の影響が少なくなるので、おしゃれ着洗い用の洗剤や柔軟剤を使う方が、衣類がコーティングされる状態になるので毛玉ができにくくなります。
 

・洋服用ブラシを使用する
衣類を着用したあとには、洋服用ブラシで毛羽の絡みをブラッシングして整えておくと毛玉予防になります。
強くこすると逆に毛羽立ってしまいますので、やさしくお手入れをしましょう。
 

・毛玉防止スプレーを使用する
衣類の繊維をコーティングして滑らかにします。摩擦によってできる毛玉や毛羽立ちや静電気の発生を防止します。
お出かけ前などにも重宝しますね。ネット通販やドラッグストアなどで購入できます。
 

できてしまった毛玉の取り方は?

どんなに注意していても毛玉ってできてしまいますよね。そんな毛玉はどうやって取ったらいいのでしょうか?
 

・電動の毛玉取り器を使用する
電池式や充電式のものがあります。簡単に安全に毛玉が取れて生地を傷めにくくなっています。でも、やり過ぎると生地が薄くなって穴が開いたりする恐れがあるので気を付けましょう。
 

・毛玉取り用のブラシを使用する
毛玉や毛玉になりかけている部分を、やさしくブラッシングします。素材によっては力加減を変えてブラッシングをすることで毛玉予防にもなります。
 

・ハサミでカットする
毛玉が出来ている部分を地道にかつ、慎重にカットします。生地を切ってしまわないように注意しましょう。
 

毛玉取りでしてはいけないことって?
毛玉は「手で引っ張ってむしり取らない事」です。手で引っ張ると生地が無理に引きちぎられるために、その部分がだんだんと薄くなってしまいます。そして、引っ張った後が毛羽立つので余計に毛玉ができやすくなってしまうという悪循環になりますので注意しましょう。
 
毛玉は引っ張るよりカットした方が次の毛玉にならないということなんですね。
 

さいごに

毛玉ができるのは、繊維が摩擦によって絡まってしまうのが原因でした。
中でも、合成繊維のポリエステルやアクリル素材はなかなか取れない特徴があるので、毛玉予防がとても大切です。
一度毛玉になると、取るのが本当に厄介です。大切な衣類ほど日々のお手入れが大切ですね。^^

スポンサーリンク

-生活・暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腹ペコ

腹持ちする食べ物で朝におすすめのものや お腹の音が鳴らない方法は?

授業中や仕事中など、鳴ってほしくないときに「ぐぅ~」と鳴るお腹の音。 スポンサーリンク 「あっ、鳴りそう!」と思ったときの緊張感や鳴ってしまったときの 恥ずかしさは本当に辛いものですよね。 朝ごはんを …

お礼

大学入学祝いを頂いたら本人がお礼状を。書き方のコツや例文も♪

大学入学おめでとうございます。 スポンサーリンク この春からはいよいよ大学生活が始まりますね。 祖父母や親戚などからお祝いを頂いたなら、本人から感謝の気持ちをお礼状 にして出す方がいいですね。でもいざ …

ドアノブ

静電気体質を改善するには?予防する食べ物や生活習慣のポイントは?

  スポンサーリンク 冬場の特に乾燥する季節に多くなる「静電気」ですが、実は季節に関係なく夏にも起こることで悩んでいる人も多いです。不意に「バチッ」とくる静電気は、いつどこで発生するか分から …

洗濯機正面

パナソニックの洗濯槽クリーナーを使ってみた!槽洗浄の効果は?

  スポンサーリンク 洗濯物に茶色いゴミのようなものが付き出すと洗濯槽の裏側の 汚れが剥がれてきている証拠です。でも洗濯槽の汚れを綺麗に するのはなかなか大変ですよね。そこで今回はパナソニッ …

定年退職

定年退職の祝いにプレゼントを父に♪ お祝いメッセージ例文も!

長い間家族のために一生懸命お仕事をしてきたお父さん。 スポンサーリンク 色んな苦労もあったことでしょう。そんなお父さんが定年退職を 迎えるときは、ありがとうの気持ちを込めて何かプレゼントを贈って あげ …